間違えたデジタル戦略を行わないように

多くの企業がインターネットを活用して情報発信を行っています。街中ではデジタルサイネージを活用して自社製品を宣伝しています。ただそれがどれだけの人に届いているのかによって、意味が異なってきます。間違ったデジタル戦略を行っていることに気付いていないことも多いです。

伝わらなければ意味がない戦略になる

インターネットの活用であれば、自社サイトの構築以外であればほとんど無料で情報発信をすることができます。しかしデジタルサイネージなどを活用すると、大きな出費となります。その出費を行っても、あまり伝わっていないことがわかれば、それは大きな損失です。このように大きなデジタル戦略の失敗をしている企業も多いのが実態です。

では伝わるためにするべきことを考えなければなりません。これこそ戦略において重きを置くポイントになりますので、広告費を割いたわりには利益が上がらない企業にとっては重視してほしい部分です。ただし伝えるというのは、苦労することでもあります。そこはよくよく理解しなければなりません。

情報が伝わるために企業ができることを

媒体の活用方法をもう一度見直す必要があります。たとえば高齢者が良く活用する製品をSNSで宣伝してもあまり意味がありません。なぜなら高齢者はSNSを活用する機会が少ないからです。このように各SNSによって、利用する世代も変わってきます。それだけではなく、情報発信の方法さえも変わってきます。

短い文章が得意なSNSもありますし、どんな人が閲覧をしたのかが反応によってわかる媒体もあります。世代別に活用している割合がはっきりと分かれるSNSも。そのように媒体の特徴をうまく掴み、それに合った情報発信をしなければなりません。それは文章の作成においても、間違った発信をしていることもあります。

間違えた情報発信を参考にして改めよう

短文で簡潔に伝えることができるSNSに、何度も投稿するような情報に、消費者が飛びつくとは思えません。また長文で長々と書いているようでは、よほどの支持者でない限りそれを読むことはありません。簡潔に伝えることも、戦略において最重要課題です。

また若い世代が使っている媒体に、かしこまった文体であれば、なかなか支持を得られるのは難しいでしょう。文章に絵文字やスタンプなどを取り入れるなど工夫をすることで、若い世代に振り向いてもらえるようになります。このようにSNSによって、使い分ける情報発信が必要になります。このようなことを含めてデジタル戦略となりますので、ただネットを活用した情報発信と思い込まないようにしましょう。