明確なデジタル戦略を掲げる企業が勝つ

大手企業であれば莫大な広告費をCMや新聞広告にあてて、宣伝をすることができますので、中小と比べると伝わるスピードも速くなります。しかし資金力が乏しい企業であれば、それができません。ただデジタル戦略を明確に立てることによって、大きな宣伝になることを忘れないでください。

明確なデジタル戦略とはどんなものになる?

サイトやブログそしてSNSなどを活用するのがデジタル戦略になりますが、電子看板やポータルサイトなどで良く見掛ける広告もそれに含まれます。しかしただ宣伝をしていれば良いものではありません。必要なことは、消費者に届いて、なんらかのアクションを得ることです。そのアクションのなかで一番大切なことは、利益となります。最終ゴールはここになり、これを達成することができるのが戦略となります。

ほとんどの企業が発信することに意義があるように感じており、ほとんどが利益の追及になっておらず、失敗しているのが現状です。一度自分の企業の宣伝戦略を見つめ直してみると、その現状を知ることができるでしょう。

伝えるのが一苦労するのがデジタル戦略

伝えて利益を得るまでをゴールにするのは、大きな壁が生じる戦略となることを覚悟してください。たとえばあまり有名ではない企業があるテレビに紹介されることで、爆発的に利益が延びることがあります。そのようなきっかけが必要となり、コツコツ積み上げていくのでは、時間が掛かってしまう戦略となります。しかし何もしなければ伝わりませんので、そこはあきらめてはいけません。

いろんな媒体がありますが、ただ情報発信だけしていれば良いわけではなく、明確な対象者に向けたメッセージを作成する力が求められます。また媒体によって対象者も変わってきますので、その分析も必要となるでしょう。宣伝したいサービスや商品の対象者を明確にすることも必須です。

不適切な表現による炎上にも気を付けよう

インターネットコンテンツでの情報発信で、もっとも厄介な存在が炎上です。ちょっとした表現によって、不適切と判断されてしまい、炎上することもあります。よく判断すれば、そこまで騒ぐようなことではありませんが、炎上した事実が独り歩きし、それが企業への損失を与えることになります。リアルタイムで返信が来ますので、つい感情的になってしまうことも多いです。冷静に対応をするようにしましょう。

またこのようなコンテンツを担当している人は、自分でもSNSによる発信をしていることが多いです。企業のアカウントと自分のものを間違えてしまい、そこから炎上が発生することも。ヒューマンエラーによる損失には、十分気を付けましょう。