伝わらなければ意味がないデジタル戦略

広告費もそれほど掛からずに、効率的に情報を発信することができるのがデジタル戦略になりますが、それが確実に消費者に届いている確約はありません。届いていなければ意味がない戦略であることを、企業側がよくよく理解しておく必要があります。

やることに意味を感じていることが多い

いろんな企業が取り組んでおり、「だからうちもやろう」といった意気込みを持っている企業も多いのが特徴です。本当に効果が出たのかどうかの分析もしていないことが多く、ただの見せかけになっていることも多いのがデジタル戦略。伝わっているかどうかの確認も同時にしなければなりません。

たとえばツイッターなどではリツイートの数など参考にすることができるでしょう。ブログであればアクセス数やコメントの増加も反響として判断することができますが、やはり最も肝心な評価になるのは収益です。これが上がらなければ、戦略は失敗していることを理解する必要があります。特に担当者は発信することに意味を見出さないようにしましょう。

届けるための工夫を考えることも大切な戦略

ただ情報を発信しているだけでは、なかなか消費者には届きません。対象者を絞り、伝える媒体も選ぶ必要が出てきます。さまざまなSNSがありますが、複数の媒体で行うことに意味を感じない人も多いですが、それぞれに利用してる世代が異なっています。よってそれに合わせた情報発信も必要になるでしょう。

文章ももちろん世代に合わせる必要がありますが、伝えたいメッセージによって、SNSを使い分けるのもひとつの戦略。またブログの発信はゼロから行うと、支持者を得るまでに時間が掛かるのが特徴です。そうみると広がりを期待するのであれば、ツイッターの活用をすることをおすすめします。ひとつのリツイートが想像を超えて広がる可能性があります。

コンテンツの充実に力を注いで注目を集める

文章や画像だけで消費者の心をつかむのは、なかなか難しいです。消費者は、動画にこそ大きな魅力を感じることを忘れてはいけません。大手企業であればテレビで流れるCMとは別に、ネット上で見ることができる特別編集をしたものを流すこともあります。このように動画のコンテンツは重要であることがわかるでしょう。

大手のように費用を充てることができない場合であっても、動画コンテンツであれば作成することができます。文章よりも伝わりやすいですので、映像制作会社などの協力得てから作成するのも、デジタル戦略の一環と言えるでしょう。大切なことは担当者の独りよがりにならないことです。伝わることがとても重要になります。