デジタル戦略は伝える力が求められる

インターネットやポータルサイトの広告などデジタル戦略は企業成長として欠かせないものになっています。ただそれは消費者が見ていなければ意味がありません。見てもらうための工夫も企業側には求められ、それも戦略であることを忘れないでください。

伝える力として必要なSNS活用の分析力

極端な話、高齢者はあまりインターネットを活用しませんので、テレビ媒体に力を入れた方が賢明です。このように対象としている世代によって、デジタル戦略を立てる必要があります。若い人であればSNSの活用が効果的ですが、それだけではなく利用する媒体にも気を配る必要があります。

大手企業はCMで宣伝をすることができますが、特に中小企業は資金不足からかなわないことも多いです。そんなとき無料で情報発信を行うことができるSNSの出番となりますが、ここでも問題が生じてしまいます。知名度不足からSNSでさえも、見向きをされないことも起こりやすいです。そんなときこそ伝える力が求められます。

SNSを活用した伝える力を養おう

力作として長文を羅列した文章は、消費者には好まれません。ポイントを絞って数十文字でアピールした方が届くことも多いです。そんなときに活用できるのが、ツイッターや無料通話アプリなどの媒体となります。またそこでも配慮が求められます。ツイッターはいろんな世代が利用していますが、無料通話アプリは比較的若い人達が多いです。そんな世代向けであれば、少し文章を崩してスタンプなどを取り入れると、多少は反応が良くなるはずです。

一方的に伝えたいことを羅列しても、それがうまく伝わることは少ないです。ただブログやSNSを活用すれば宣伝している気になっている担当者も多く、それは残念ながらデジタル戦略とは言えません。

残念なデジタル戦略の一例を知っておこう

たとえばデジタルサイネージを活用して、自社のアピールをするとします。そこで映像美に優れた作品を作ってくれるクリエーターに依頼して、大々的にアピールをすると、良い反応が返ってくるはずです。しかし自社の製品ではなく、クリエーターに注目が集まってしまうといった皮肉的なことも起こってしまう可能性があります。

目立てばよいというものではありません。現在は不寛容社会とも言われており、ちょっとした言葉遣いであっても叩かれてしまい、炎上を招くことも考えられます。リアルタイムで反応が起き、それに感情的になってしまい、企業側とは思えないような反応をしてしまうことも考えられるでしょう。冷静な判断が求められることも理解しておくべきです。